spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
橋 功
<プロフィール>
橋 功(たかはし いさお)
東海大学日本文学科卒業と同時に 留学生別科で日本語を教える。 1970年より文学部日本文学科助手。 児童文学卒論指導に当たる。 1974年に幼稚園教諭となる。 1980年秦野市教育委員会、幼稚 園研修会講師。以後、『幼児教育』 『文学・絵本と子ども』をテーマに伊 勢原市、大磯町、平塚市の幼稚園 協会、伊勢原市、秦野市の図書館、 ニューモラロジー協会などの研修 会や講演会の講師を務める。 1993年 アメリカ・マジソンにて現 地保育実習を研修。 2000年より毎年、アンサンブル・ベ ルム(室内管弦楽団)と共演し、 「鶴の恩返し」「花咲かじじ」など昔 話の素語りを行う。 2003年より大磯町立大磯幼稚園の 評議員を務める。 2004年より東海大学付属本田記 念幼稚園園長を務め、東海大学文 学部非常勤講師として「児童サービ ス論」(図書司書課程)を担当する。 また、東海大学一貫教育委員会で、 フィンランドの教育を研究する。 (『出る杭を伸ばせ』共著 発明協会) 2007年フィンランドより講師を招聘 して国際シンポジウムを開催する。

石橋宏之
<プロフィール>
石橋宏之 (いしばし ひろゆき)
2001年、東海大学動力機械工学科 を卒業後、機械系商社に就職。 日本の技術力(ものづくり)の素晴 らしさを感じつつも、諸外国の追い 上げに危機感を感じる。 2003年、東海大学付属本田記念幼 稚園に就職。幼児期の子どもたち に、遊びながら科学や『ものづくり』 の楽しさを味わってもらいたいとの 思いを抱き、子どもたちの主体的な 遊びから育まれる創造性の教育に ついて、諸外国の幼児教育に学び つつ実践を始める。 2009年、スカイプ(無料TV電話)や 共有サーバを用いて、日本・フィン ランドの子どもたちと合同で、アニ メーション制作にも着手。 幼児期における科学遊びなどを通 じた創造性の教育(知的財産教育) を主要な研究テーマとして、論文発 表、海外訪問等、精力的に研究・ 実践活動を進め、現在に至る。
 
作者とのかかわりのなかから、
「他者へのまなざし」が生まれる
ボクも、ワタシもアーティスト!
受け手から創り手へ
作者とのステキな交流が芽生えた
BGMは音楽の世界への入り口
親も学ぶプログラム
「個」を尊重しあうことから、
コミュニケーションのスキルをみがく
上の学校へとつなげていきたい
   
7.上の学校へとつなげていきたい
しかし、上の学校へ上がるほど、特に中学校ともなると、逆にこういった個性をつぶす ような教育になっていないだろうか、そんなもどかしさを感じることもありませんか?
写真
学ぶ喜びや面白さがあって、各自、自分の判断基準をもてる こと。それが、いずれ自分自身が尊重される社会を築くことに つながるんだと思いますよ。私たちも、文科省の幼稚園教育 要領をベースに、自分たちで工夫できる余地があるんですが、 小、中学校となると、カリキュラムの自由度が減っていくので、 先生方のご苦労は大きいと思います。 でも、そんななかで今、「幼・小連携」の勉強会が盛んになっ ていて、地域の小学校とのタイアップも進みつつあります。 そうした場から、小学校にもこういうことを持ち込んで行きた いとは思っています。「幼稚園だってやっているんだから・・・」 と思っていただけたらいいな、と。
東海大学のなかの連携はどうでしょう。一貫教育の実践はできそうですか?
東海大のなかでも、やはり小・中・高の連携はなかなか難しいんです。やはり幼稚園ならではの自 由なカリキュラムでこそそれが可能となっている、という背景はあると思います。
それこそ小,中学校の「総合的学習」で取り組める内容なんですけれどね。
日本で総合的学習があまりうまくいっていないのは、本来、先生方のクリエイティビティがとても問われる授業なのに、その備えのための制度が全く整備されないまま導入され、先生方がどうしてい いのかわからない、という状況に追い込まれてしまっているのが大きいと思うんです。それと、調べ てわかる、という喜びは子どもこそがもつべきなのに、先生方が一所懸命いろいろなことを調べて、 結局それを子どもに教える、というふうになってしまっているんじゃないでしょうか。
写真
一方通行になってしまいがちですね。
子どもたちと授業をいっしょに創っていく。そんな考え方がも っとできるといいな、と思いますね。
そうなれば、もっともっと豊かな人のつながりが生ま れる可能性が広がりそうですね。
文化を共有する、新たに文化を創りだす、という心の芽生え が、子どもたちのなかにある。いずれ、子どもたちが創造性を さらに発揮していく土台になる交流だと思いますね。
あとがき
子どもたちの変化を見て、大人も影響を受けるかもしれません。
幼稚園で、これだけの高い次元で知的財産についての教育が行われていることにまず驚きました。 そして、それが小・中・高、そして大学の専門教育へとシームレスにつながっていくことがあるべき姿 なのだというのも、わかりました。特に非常に根底のところでの教育という意味で、「他者(作家)との 対話、交流、かかわりのなかから、個を尊重する心を育てる」というアプローチは、幼稚園ならでは の取り組みといえるでしょう。
著作権の問題の根底にあるのは「創造性の循環の土壌を豊かにする」ために著作権がある、という 点ではないかと思います。
そういう意味では、幼稚園での取り組みがいちばん必要なことなのかもしれません。なぜかというと、 幼稚園の時期というのは,保護者(多くの場合は母親ですが)と子どもが一番密着している時期であ り、同時に他者、社会とのつながりを始める時期だからです。また,子どもの成長を毎日のように驚 きながら見ていく時期でしょうから、変わっていく子どもたちの背中を見ながら、この「創造性の循環 の土壌」について、親御さんも一緒に考えていくことができる貴重な時間がそこにあるのではないか と思います。
写真
◆東海大学付属本田記念幼稚園
日本福音ルーテル東京教会の創立者であり、幼稚園、老人 ホーム、母子寮建設など、伝導と社会福祉活動に生涯を捧 げた本田伝喜牧師と安子夫人を記念して、1973 年(昭和48 年)学校法人東海大学により設立。東海大学創立者・松前重 義博士は安子夫人の実弟にあたり、「正義」と「愛」を重んじる 東海大学の理念と、本田夫妻の足跡に鑑み、その遺志を継 承すべく本幼稚園を開設した。 2002 年度に導入された、幼稚園から大学院まで取り組んで いる一貫教育「東海大学知的財産教育」に則り、フィンランドを はじめとする欧州の教育もモデルとしつつ、子どもたちの育ち を「自己有能感」と「社会性」の育成と捉え保育・教育を進めて いる。また、大学付属という特性を活かし、世代や国境を越え た出会いと学びの場づくりも特色として知られる。

東海大学付属本田記念幼稚園のサイト
http://www.honda.u-tokai.ac.jp/
< 前のページへ | トップへ
spacer_gif