spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
山口 敦
<プロフィール>
山口 敦
山口 敦(やまぐち・あつし)
ライター/フォトグラファー

1959年、東京・飯田橋生まれ。 早稲田大学理工学部で都市計画 を専攻。まちづくりコンサルタントと して都市計画マスタープランや景 観保護、地域活性化の計画策定 に携わる。

同時にフリーランスのライター/ フォトグラファーとして活動。 「ジャズ・マスターズ・マガジン」(マ ガジンランド社)で「ジャズ風土記」 を担当したほか、月刊「教育音楽」 (音楽之友社)、季刊「ハーモニー」 (全日本合唱連盟)、昭和音楽大学 「アーツ・イン・コミュニティ・ニュー スレター」等にライターとして参加。 2007年からは隔月刊「あんさんぶ る」(カワイ)で「音楽のあるまち」を 連載中。また仙台クラシック・フェス ティバル、阿佐谷ジャズストリート 等では公式カメラマンを務める。

高校より男声合唱を始め、早稲田 大学コール・フリューゲルを経て現 在も「いらか会合唱団」に在籍、高 校1年から70代まで、男ばかり幅 広い年代が集まり年に一度開催す るコンサートで歌う傍ら、各地の合 唱団や全日本合唱コンクール等で ステージマネージャーを務める。

1980年の創立以来、「晋友会合唱 団」(指揮:関屋晋・清水敬一)に参 加し、新日本フィル、東京都交響楽 団、NHK交響楽団、サイトウキネン ・オーケストラをはじめ国内、海外 オーケストラと、また朝比奈隆、井 上道義、小澤征爾、尾高忠明、佐 渡裕、広上淳一、山田一雄、若杉 弘、ミシェル・コルボ、ジュゼッペ・ シノーポリ、ピエール・ブーレーズ、 ガリ・ベルティーニ、サイモン・ラト ルをはじめとするマエストロと共演。 1988年渡独、ベルリン・フィルハー モニー管弦楽団の定期公演で《カ ルミナ・ブラーナ》を演奏、サイトウ キネン・フェスティバル松本ではス トラヴィンスキー《エディプス王》、 オネゲル《火刑台上のジャンヌ・ダ ルク》、マーラー《交響曲第2番》に 末席ながら参加した。 また、ジャズピアニスト/作曲家の 谷川賢作さんつながりで、コミュニ ティ・アートのNPO、ZEROキッズ (東京・中野)に巻き込まれ、ミュー ジカルのコーラスに参加する傍ら、 「こども・まち・アート」に関わる企 画運営のお手伝いも。
 
これまでの対談を振り返って 舞台の情景
歌うのも楽しいけれど、裏方仕事も楽しい! 知ろうとする努力と、知らしめる努力
アマチュアも著作権とは無縁ではなくなってきている 法律だから守るのか?
楽譜はアコガレ
   
6.知ろうとする努力と、知らしめる努力
「著作権に引っかかるからやめよう」っていうのもつまらない話ですよね。 だいいち、「引っかかる」っていう言い方が後ろ向きですよ(笑)。〜(山口)

「どういう場合に許諾がいる、いらない。かかるならいくらか」そういう著作権の 情報にアクセスしやすい環境を作らねば。まず聞いてみて、という受け皿、 ハードルを低くする努力は我々の課題だと思いますね。〜(小森)
対談写真
小森:
さきほど、アマチュアのコーラスが演奏会活動を やっていくなかで著作権の問題に直面していると おっしゃいましたが、具体的にはどんなことを?
山口:
これは身近な経験を踏まえてなんですが、なん となく著作権の知識というか、小知恵がメンバー のなかに芽生えてくると、「著作権に引っかかり そうだからこの曲はやめよう」みたいになってしまうことがあるんです。小林先生も対談で コンクールの選曲についておっしゃっていましたよね。無断でやってしまうのも悪いけれど、 「著作権に引っかかるからやめよう」っていうのもつまらない話ですよね。 だいいち、「引っかかる」っていう言い方が後ろ向きですよ(笑)。
小森:
JASRACが管理する楽曲ならまだわかりやすいでしょうが、海外ものは情報を得ること 自体に努力が必要ですね。
山口:
僕たちの合唱団も、あるアメリカ人の曲を歌いたくて、向こうに手紙を出したことがありま す。メンバーの中に商社勤めの人間とか、英語が達者な人間がいたので、ビジネスレタ ーを書いてもらって。やはりそこまでしてでも歌いたい作品だったんですよ。エネルギー をかけてもいい。アマチュアならなおのことですよ。音楽を楽しむっていうのはそこまで 含めてのことでいいじゃないかと。「歌いたいけど著作権法上どうかなあ」っていうことが あれば、調べて実現すればいいわけで、そこでわからないからやめておこうというのは残 念ではないかと。とりあえず誰に手紙を書いたらいいか。そんなところから始めていいわ けですよ。ある弁護士さんが著作権法に関して、「許諾が必要だから使えないじゃなくて、 許諾をもらえば使えるっていうポジティブな発想がないと創造的なことができないじゃな いか」って書いていたんですが、そのとおりだと思うんです。
小森:
著作権に関してJASRACへの問い合わせも近年増えているようで、学校の先生や教育 委員会からの問い合わせも多いようです。それも以前だったら許諾とか使用料がいる といった話をすると、「知りませんでした!」っていう反応が多かったそうですが、最近で は「やっぱりそうですよね」的な反応に変わってきているそうです。学校や教育委員会と いうのは、そういう問題に直面しているんだと実感するんですよ。だから、「どういう場合 に許諾がいる、いらない。かかるならいくらか」。そういう情報にアクセスしやすい環境を 作らねば。まず聞いてみて、という受け皿、ハードルを低くする努力は我々の課題だと 思いますね。
7.法律だから守るのか?
「このルールを破ったら結局どうなるか」。その想像力のほうが、ルールブックを 暗記するより大切だと思うんですよ。〜(山口)

「啓発」とか「教育」というのは、単にルールを教える、というだけではなくてね、 時間はかかるけれども、豊かな著作物が生まれる「土壌」をつくる、ということ だと思いますよ。〜(小森)
山口:
さっき「子どもの作文にも著作権がある」という話をしましたが、もうひとつ印象に残った話 があります。著作権のことを小学生に教えるには、人格権の視点、つまり「人からされる とムカつくことは、人に対してやってはダメ」というほうが、財産権の視点より理解を得や すいというんです。もっともですよね。自分の書いた作文に先生が勝手に手を加えて無 断でどこかに載せたら、やはりムカつくと思うんですよ。そういうことも含めて学校教育で の著作権教育は重要だと思いますね。
小森:
新しい中学校の学習指導要領でも、知的財産権について触れられています。
また、JASRACの文化事業もそういう視点で啓発活動をしていますね。
山口:
もちろん法あっての社会の秩序ですし、利害が対立するからこそルールを決めているこ とは間違いないんでしょうが、でも「このルールを破ったら、結局どうなるか」。その想像 力のほうが、法律を暗記するより大切だと思うんですよ。河川の環境教育に携わるNPO の方がおっしゃったんですが、「水道の蛇口をひねったとき、その蛇口のずっと手前の 部分と、ずっと先の部分を想像できるかどうか」が環境問題の鍵だと。
小森:
まさにこの対談で何度も言っているように、著作権の問題はいろいろな意味で環境問題 ととても似た構図だと思いますね。
山口:
啓発活動といえば、JASRACの文化事業でやられたミュージカル『アマデウスがやって きた』を観ましたよ。作曲家の中島良史さんがモーツァルトの作品をベースに、とても楽 しい音楽劇に仕立てた舞台でしたね。永井寛孝さんの演出も素晴しかったです。面白 かったのは、子どもたちがコーラスとしてたくさん参加して、アーティストや舞台スタッフ と一緒に舞台を創り上げていくという過程です。最後にホールのロビーに集まって、ジュ ースで乾杯して打ち上げをしていたんですけど、プロフェッショナルとの共生感のような ものが生まれたんじゃないかなと思います。
小森:
あの事業は、聴衆に対して著作権への理解を呼びかけるという趣旨で行われていると 聞いています。しかしやはり、出演した子たちは特別な経験をしましたね。
山口:
僕はあの舞台の中に、著作権をめぐる2つの答えが入っていると思うんです。ひとつは、 過去の名作を下敷きにして再創造してミュージカル作品を創っているという点です。 演奏者ももちろんですが、現代のクリエイターも過去の遺産でメシを喰っている。モー ツァルトは他人の書いたテーマを使って変奏曲を書いています。そして現代のいろいろ なアーティストが、モーツァルトやビートルズに触発されて再創造していますよね。みんな 「おかげさま」というか「おあいこ」の意識がないと、著作権にまつわる「不平等」「アンバラ ンス」という、利害が対立する問題をクリアできないと思うんです。もうひとつは、今言った、 作家や音楽家との共生感を持てるような体験だったこと。プロの音楽家と一緒に同じ舞台 の上に乗ったということは、子どもたちにとってはすごい体験で、そういう子たちが大きく なって、アーティストの立場を思いやるようなオピニオンリーダーになったらいいんじゃな いかなと思いますね。
小森:
子どものうちからそういう意識が育っていけば、また状況も変わってくるかもしれません ね。「啓発」とか「教育」というのは、単にルールを教えるというだけではなくてね。時間は かかるけれども、豊かな著作物が生まれる「土壌」をつくるということだと思います。 今日はありがとうございました。
(了)
2009年9月17日 採録
< 前のページへ | トップへ
spacer_gif