spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
高橋 惠美
<プロフィール>
高橋 徹
大阪音楽大学准教授/指揮者
1958年京都生まれ。1982年大阪音楽大学大学院修士課程作曲専攻修了。現在、大阪音楽大学准教授。作曲を近藤 圭氏に、管弦楽法を大栗 裕氏に、指揮を小泉ひろし、辻井清幸の両氏に師事。

指揮者としては吹奏楽以外にもオペラ、オーケストラ、弦楽合奏、マンドリンオーケストラ、合唱、邦楽の合奏など幅広く活動をしており、特に新作初演を多く手がけています。育てたバンドは数知れず。無名のバンド、下手なバンド、貧乏なバンドを好んで振る妙な習性(?)があり、現在はひとつのバンドに籍を置くことなくあちこちのバンドの客演指揮や指導をしています。指揮法や編曲などのクリニシャンとしても全国各地に赴いて活動しています。
作曲の方はもう10年以上前に絶筆したままですが、吹奏楽用の編曲は今もたくさん書いており、オランダのデ・ハスケ社などから出版されています。
 
「男の世界」だった吹奏楽 作・編曲家としての自分をみてほしい
現場でおぼえた編曲の仕事 出版社や販売店のリスクはわかる
若い作曲家がどんどん育っている 本物の楽譜に触れる機会を
「うしろめたさ」をもつのはいいこと 作り手と利用者の間で
   
7.本物の楽譜に触れる機会を
対談写真
高橋:
楽譜は高い、というけれど何と比べて高いかな?という気もします。合唱はわかりませんが、われわれ楽器をやっている人間ですと、「楽譜が高い」と言っている人間に、「じゃあ、あなたのその楽器いくらするの?」って訊くんです。私は(笑)。
小森:
楽譜が一種の消費材となってしまっていますね。提供のされ方も、たとえば中学校の生徒さんは、コピー譜を最初から渡されて練習を始める。で、今日欲しい、というのも、スーパーに行けば買える、的な感覚ですね。例えば学術書であったら、在庫がなくて待たなければならない、というときには普通それを待ちますよね。楽譜だとそうはいかない。そういう意味では、楽譜とは何なのか?ということを学校でも教えられていない、というか間違って教えられていると思うんです。 学校の先生方のなかにも、真面目に法律のことを勉強して、制度を踏まえたうえでいろいろと悩んで、考えておられる先生も少なくありません。ところが、基本的な、楽譜の価値観といったことをどう考えるかが抜け落ちた状態を感じることが多いんです。そこがないので、いきなり「いくらかかるのか?」となってしまうことが多いのです。
高橋:
中学高校の吹奏楽の世界で、原譜に触れたことがない生徒、というのはすごく多いと思いますね。うちの息子もそうです。たいていのバンドがそうなんでしょうが、生徒に渡して紛失されたら困るので、原譜はしまっておいてコピーを配る、それはあるでしょうね。そのこと自体で出版社に被害はない。ただ、そうするとコピーしか見たことのない子が育ってしまう、そういった環境が恐ろしいことなのかもしれません。自分の世代ですと、逆にコピー機が普及していませんでしたから、原譜を使ってやるのが当たり前でした。音楽室に行けばパート譜がどさっと積んであって、そのなかからとって練習をし、終わったら戻す。それが至極当たり前なんですよね。 ところが、「なくされては困る」「汚れては困る」という、なにか潔癖主義になっていく。買ってきた楽譜を大事にしまいこんでしまう。あれがいかんのかな。
小森:
逆だといいかも知れませんよ。原譜を子どもたちに渡して、「こりゃあとても大切なものだぞ」と体験させる。万が一なくしたり汚してしまったときのために、コピーを1セット金庫に保管しておく(笑) 。
高橋:
その発想いいですね!
8.作り手と利用者の間で
〜この楽譜をコピーしちゃったら、作曲家の今晩のおかずが一品減るんじゃないか(笑)。 そういう実感があればコピーがしづらくなると思いますね。〜(高橋)
対談写真
小森:
とにかく、楽譜がつくられる過程ですとか、それにどれだけの人の手が加わっているか、汗とか努力とか、一般的に知られていないですね。
高橋:
悲しいかな、音楽をやっている、しかもプロの方でもそこをご存知ない方が多いです。最近こそ減りましたが、私のところにこんな編曲の依頼がくるんです。ちょっと急いでいるんです、と言われて、「いやそんな急にはできませんよ」とお断りすると、「いや、簡単でいいんですよ、簡単で」という。簡単なら自分でやりなさいよ(笑)と言いたいところですが、何か編曲という仕事を軽くみられているのかな。楽譜をつくる、という仕事も、プロにとっては簡単にできることなんだと。これも古い話ですが、「うちの吹奏楽部のために曲を書いてください」といらっしゃったんです。どんな曲を?と伺ったら、「楽譜って買うと高いから」と(笑)。つまりコピー代以下なんですね、私の作曲料が。怒る気にもなりませんでしたが、なにか曲をつくる、ましてそれを出版するとなれば、いったいどれだけの人が関わって、どれだけ大変な作業なのか、なかなか実感してくれていないんですね。
小森:
先生のサイトのコラムを拝見しましたが、大きく分けて2つのセクションがありました。ひとつは楽譜コピーの話、もう一つはアレンジャーとしてのご自身の話題です。楽譜コピーの問題は、ひとつは経済的側面、つまり出版のリスクをどう負担するか、ということがありますが、もうひとつは「人格権」のこと。作り手の矜持のようなものとか。先生はユーザーの立場とクリエイターの立場と、両方兼ね備えていらっしゃいますよね。だから両方の気持ちがあの2つのコラムによく表れているな、と思って拝見したんです。 一冊の楽譜ができるプロセスのなかに、いろいろな人間の生活費がかかってるんだっていう「お金のこと」と、それが無視、軽視されている、という、「心が傷つく問題」、2つの側面が実は一体でもあると思うんですが、そこのところが見えてくると、さきほどのお話もありましたが、顔が見えてくると、よりリアルな後ろめたさがでてくる(笑)。
高橋:
この楽譜をコピーしちゃったら、この作曲家の今晩のおかずが一品減るんじゃないか、と(笑)。そういう実感があればコピーがしづらくなると思いますね。
小森:
作詞家、作曲家、浄書して編集する人、版を起こす人、ディストリビューターさんに販売店のひと、そういう顔が見えてきて、職人さんの仕事が見えてくると、だんだん後ろめたさにリアリティが。
高橋:
浄書に関していうと、コンピュータを使うようになってさらに誤解が増しているような気がします。学生に言われたことがあるんですよ。私は浄書にMacを使うわけですが、「先生はいいですよね、Macを使うから」って。Macったって電子レンジじゃないですから、原曲のスコア入れてチンしたらアレンジできるわけじゃないですよ。全部入力してるんだよ、手書きのほうが絶対早いんだから、って話すんですが。コンピュータってすごく便利なものだっていう思い込みがどこかにあるから、楽譜をつくる、っていう作業がものすごく簡単になったんじゃないか、って誤解を受ける。苦労の姿がますます見えにくくはなっていますね。学校で出版社の見学とかはないんですか?
小森:
修学旅行の学生さんが出版社の見学に来るらしいですね。自由研究で。それはとても有り難いことですね。 実際、驚くらしいですよ、子どもたちは。コンピュータもそうですが、昔のハンコの時代のものを見せると、えーっ!て。
高橋:
ああ、僕も観に行きたいですよ。昔の、それこそエングレイヴィング(彫版)とか。
小森:
でも、なんでもそうでしょうが、楽譜出版社側から「こうなんだ」って提示すると何か、裏があるんじゃないかってね、スレた人だと(笑)。出版社なんてぼろ儲けしてるんだから潰れちゃえばいいんだと言われたりする。
高橋:
そういえば、楽譜の使い手って、なんとなく「出版社って儲けてるんだ」っていう認識を持っていますね。作曲家もなにかすごく実入りがよくて、印税でがっぽり稼いでるっていう、何か思い込みがある。確かに、吹奏楽の楽譜で、だいたい7,8分の曲が2,3万円かそこらになってしまいます。それは確かに個人がポケットマネーで買うには痛い出費ではあるでしょうけれど、だから出版社は暴利をむさぼっているとか、作曲家がぼろ儲けしているとか、ストレートに繋がることなのか?
小森:
その値段で出さざるを得ないというところ、これだけコストがかかって、少ししか売れないから、割り算すれば一冊の値段がこうなる、という現実への理解ですね。それが欠けている。それと、さきほどの校長先生がコピーしろと言った、っていう話もありましたが、コピーだけでなく、演奏会の著作権使用料もそうですが、吹奏楽部で予算を組む、というとき、それが「余計なものを取られる」っていう感覚で捉えられているんですね。価値観の問題でしょうけれども、そういうことをやはりひとつひとつ正していかないといけないんじゃないかと思いますね。
高橋:
「楽譜は単に紙に印刷されているのではなくて、印刷されたことに意味があるのだ」ということに思いがいくようになるといいですね。
 
(了)
2009年1月13日 採録
< 前のページへ | トップへ
spacer_gif