spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
大谷 惠美
<プロフィール>
大谷 惠美
音楽教育家/音楽プロデューサー/詩人
国立音楽大学教育音楽学科卒業。音楽教諭として高校での勤務を経験した後、(株)河合楽器製作所研究部門にて幼児・児童の音楽活動実践を通した音楽教育プログラムのソフト開発を多数手がける。同時にカワイ音楽教室の講師教育を担当する等、全国的な教育活動に携わり、主任研究員を経て20年の勤務の後フリーとなる。
現在、詩作を中心に執筆活動を展開。また、25年にわたり継続的に地域の施設等で親子のための音楽活動を行い、並行して思春期から成年期の心の問題に寄り添うカウンセリング活動を続けている。音楽プロデュース、ジャンルを超えた各種音楽イベントのディレクション等で幅広く活動を行っている。
2005年に、作曲家、故佐藤敏直氏の作品継承を目的に「音の杜〜佐藤敏直プロジェクト〜」を発足。演奏会等をプロデュース。2006年4月「日本のこどもたちへ」(紀尾井ホール)を開催。プロの演奏家と子供たちとの共演のステージを実現し好評を得る。2008年7月には、「佐藤敏直ピアノ作品の彩り」(第一生命ホール)にて、プラスティックアニメ(リトミック)の研究グループによる身体表現とのコラボレーションによる、ピアノ作品の演奏会を造形的に実現、さらに子供対象の公開レッスンを取り入れたプログラムで話題を集める。
これまで、音楽講師のためのリトミック研修、幼稚園教諭、保育士の研修を多数担当。こどもの音楽活動作品多数。NHK「おかあさんといっしょ」、合唱作品への作品提供等を行う。宮川彬良氏による「アキラさんのソングブック」(2008年夏発売)楽譜(音楽之友社)とCD(クリエイティブコア)に5作品提供。
現在、カワイ音楽教室プロデューサー、音の杜(佐藤敏直プロジェクト)代表。ジャズトリオ「TRIO'」(福田重男pf. 森泰人bass. 市原康ds.)「i-produce」ディレクター。幼児音楽研究会、日本ダルクローズ音楽教育学会、日本音楽療法学会会員。
 
合唱の旅、そして教職を経て、音楽教育の問題に取り組む ピアノ・レスナーの世界での楽譜コピー
問題
人を元気にするのが音楽家の仕事 楽譜が「ホンモノ」だという意識
音楽療法の世界での楽譜ニーズ 「生きている作曲家」の顔をみせたい
不特定多数の人たちに伝える努力を作曲家はしている 変化のきざしはある
「佐藤敏直の全体像」を伝えたいけれど
4. 不特定多数の人たちに伝える努力を作曲家はしている
大谷:
小森先生は子供たち向けにたくさん作品をつくられていますね。
小森:
僕は作曲の仕事をはじめてすぐに放送の分野へいってしまいました。楽譜を通さず、直に全国の子供たちに音楽を伝える手段があったわけです。その点が佐藤先生とは違って、僕はちょっと得をしていたかもしれませんね。演劇の仕事から入って、NHKのラジオで「ラジオ育児室」っていう番組を中田喜直さんと二人でやらせていただいた。だから中田先生の影響は受けましたね。それから「三匹の子豚」。
対談写真01
大谷:
「ブーフーウー」!私はあれで育ちました!あれは人形だとは思っていませんでしたから!(笑)全国的にたいへんな人気でした。その点はすごいですよね。それに私は「みんなのうた」で育った世代ですし、先生の作品をたくさん歌って影響されたと思います。
小森:
当時は、外科医の仕事をしながら土日だけ作曲の仕事をやらせていただいていたんです。録音の途中で手術が急に入ってしまって、スタジオで役者さんを待たせてしまったりもしました(笑)。あの番組で育った方は多いですね。矢野顕子さんや、何人もの作曲家にそう言われました。その仕事を与えていただいたのは幸せでした。
大谷:
不特定多数に伝える、大変なお仕事ですよね。「僕は全国の《見えない子供たち》に向かっていつも本気のメッセージを伝えたい」と佐藤先生はよくおっしゃっていました。子供たちに対する情熱、それと同じぐらい、現場で教えている先生たちに対する情熱もありましたね。創り手としての気持ちを現場の先生に伝えたい、と。
5. 「佐藤敏直の全体像」を伝えたいけれど
小森:
佐藤先生は現音(日本現代音楽協会)の仕事も多くされていましたね。
大谷:
はい。傍らでわずかにそのお手伝いもさせていただきました。私もどちらかといえば音楽イコール「モノづくり」という感覚があったんですね。作曲家の、「創り手としての意識」が私にも乗り移った感じがありました。現音の先生方が、作曲家でありながら、自分たちで作品を聴いてもらう機会(コンサート)をつくる努力を地道にやられているのを、20代から30代の頃に目の当たりにしたんです。創り手の方々が、こうやって自分の生み出したものを大切に人に伝える、送り出す、ということをやられているんだな、と。ところが演奏会へ伺うといつもガラガラで(笑)。
小森:
音楽は、聴いていただいて心がビリビリってこないと。それがないと音楽とは言えないわけですからね。そうでないと、「音楽」の「音」でしかないから。現音の先生方の作品というのは、いわゆる「現代音楽」ですから、必ず聴いて喜んでもらえる、という作品だけではないですよね。「喜んでもらえる、かな?」という「?」が付く作品が多いとは思います。でも、ストラヴィンスキーの「春の祭典」だって最初は大ブーイングの嵐だったわけですね。それが今では名作としてどこのオーケストラだってやるし、喜んで聴いていただいている。「かな?」というのも大事ですよね。
大谷:
佐藤先生は現代音楽の作曲家でいらしたのですが、カワイの教材として何世代にも歌い継がれている子供向けの作品が多くあります。でもこうした作品群を、現音の作曲家の先生方はほとんどご存知なかったですね。逆にカワイの先生や生徒さんはカワイの教材になっている佐藤敏直作品しか知らないわけで…。先生が亡くなった時、カワイの先生やお子さんには、佐藤敏直のもっと別の面も知ってもらいたいと思いましたし、現音の先生方にはカワイの子供向けに作られたわかりやすいミュージカルや歌などを聴いていただきたいと思ったんです。作曲家としての先生の全貌を世の中に伝えたいと思いました。あまり大仰にではなく、少しずつやりたいと思っていたんですが…。
小森:
それが「音の杜」という、佐藤作品を紹介するボランティア組織ですね。
大谷:
はい。4、5人のメンバーでそういった機会づくりに取り組むようになりました。子供のための小品がある一方で、オーケストラ作品があり、室内楽作品があり、合唱、それに邦楽も、と非常に多岐にわたっています。実は佐藤先生が亡くなった後、いろいろな演奏家から作品を演奏したいという話がご家族にあったわけですが、出版されていないものがほとんどですから、奥様がコピーをして送って差し上げていたんですね。特に邦楽曲など、かなり多く演奏されて、高校生の邦楽のコンクールなどでも盛んに取り上げられました。そういうとき、自筆譜をコピーして渡すしか方法がない。出版したいけれど、売れなければ出版できませんし。まさに、そういうことを実感した瞬間でしたね。奥様はやはり少しでも多くの人たちが演奏してくれ、聴いてくださることが嬉しいですしお望みですから、自筆譜のコピーをどんどん渡します。その様子を見ながら、「音の杜」では、なんとか1作品でも出版にこぎつけられるようにできる努力はしてみようということになったわけです。でもそれは売れる道筋がないとできませんから、演奏会を開いたり、コンクールで取り上げていただいたり、さまざまな知恵と努力が課題になっています。
小森:
佐藤先生の奥様が演奏してほしいからと自筆譜のコピーを演奏者に差し上げる、そのこと自体が問題なのではなくて、そこから無制限にコピーが広がって行くことが問題なんですよね。
6. ピアノ・レスナーの世界での楽譜コピー問題
対談写真
小森:
カワイの音楽教育に関する先生方というのはどれぐらいいらっしゃるんでしょう?
大谷:
全国にいま7千人ぐらいいらっしゃいます。そのほかに会員登録制で、自宅でピアノを教えていらっしゃる「レスナー」と呼ばれる先生方が1万人以上いらっしゃいます。
小森:
大谷さんは、そういった先生方の研修の講師として全国を飛び回っておられるようですが。
大谷:
100〜600人単位の研修会が多いですが、研修に使用する資料も最近ではすっかり楽譜そのものを使用することが定着してきたと思います。昔は、研修で扱う楽曲のコピーを全員に配布して資料にする、といったようなこともままあったかと思いますが、この10年で受講される先生方の意識にもコピーはいけないという感覚が備わってきたと思います。ピアノの先生というと、発表会の曲を生徒にあてがう際にも、分厚いソナタ集1冊買わせるよりも演奏するその作品のその楽章だけをコピーして渡す、といった何気ない日常がさらりと行われていたりするのですが、研修会などこうした機会に、その麻痺した感覚に警告ランプを灯すことができればよいと思うのですが…。さり気ないインフォメーションもしているつもりです。ただ、研究会等では題材に取り上げる作品が1曲だけという場合なども多く、楽譜を買っていただくのは申し訳なかったり、持参していただくには重すぎたりと、色々難しいです。研修会が終わったら回収という形でコピーを配布するケースは多いのではないでしょうか。1曲だけ扱いたいというのがいちばん難しいケースですね。どうしたらいいんだろうと。合唱もまたしかりですね。
小森:
考えてみると、楽譜だけですよね。芸術作品のうちでコピーしても価値が変わらない、というのは。絵画だったらコピーしたらホンモノではなくなる。楽譜は特殊なものですよね。なぜコピーがいけないか?という根本的な問題を考えるときに、このことにぶつかってしまいます。
< 前のページへ | トップへ | 次のページへ >
spacer_gif