spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
橋 功
<プロフィール>
橋 功(たかはし いさお)
東海大学日本文学科卒業と同時に 留学生別科で日本語を教える。 1970年より文学部日本文学科助手。 児童文学卒論指導に当たる。 1974年に幼稚園教諭となる。 1980年秦野市教育委員会、幼稚 園研修会講師。以後、『幼児教育』 『文学・絵本と子ども』をテーマに伊 勢原市、大磯町、平塚市の幼稚園 協会、伊勢原市、秦野市の図書館、 ニューモラロジー協会などの研修 会や講演会の講師を務める。 1993年 アメリカ・マジソンにて現 地保育実習を研修。 2000年より毎年、アンサンブル・ベ ルム(室内管弦楽団)と共演し、 「鶴の恩返し」「花咲かじじ」など昔 話の素語りを行う。 2003年より大磯町立大磯幼稚園の 評議員を務める。 2004年より東海大学付属本田記 念幼稚園園長を務め、東海大学文 学部非常勤講師として「児童サービ ス論」(図書司書課程)を担当する。 また、東海大学一貫教育委員会で、 フィンランドの教育を研究する。 (『出る杭を伸ばせ』共著 発明協会) 2007年フィンランドより講師を招聘 して国際シンポジウムを開催する。

石橋宏之
<プロフィール>
石橋宏之 (いしばし ひろゆき)
2001年、東海大学動力機械工学科 を卒業後、機械系商社に就職。 日本の技術力(ものづくり)の素晴 らしさを感じつつも、諸外国の追い 上げに危機感を感じる。 2003年、東海大学付属本田記念幼 稚園に就職。幼児期の子どもたち に、遊びながら科学や『ものづくり』 の楽しさを味わってもらいたいとの 思いを抱き、子どもたちの主体的な 遊びから育まれる創造性の教育に ついて、諸外国の幼児教育に学び つつ実践を始める。 2009年、スカイプ(無料TV電話)や 共有サーバを用いて、日本・フィン ランドの子どもたちと合同で、アニ メーション制作にも着手。 幼児期における科学遊びなどを通 じた創造性の教育(知的財産教育) を主要な研究テーマとして、論文発 表、海外訪問等、精力的に研究・ 実践活動を進め、現在に至る。
 
作者とのかかわりのなかから、
「他者へのまなざし」が生まれる
ボクも、ワタシもアーティスト!
受け手から創り手へ
作者とのステキな交流が芽生えた
BGMは音楽の世界への入り口
親も学ぶプログラム
「個」を尊重しあうことから、
コミュニケーションのスキルをみがく
上の学校へとつなげていきたい
   
4.BGMは音楽の世界への入り口
ところで、音楽の面では何か工夫をされていますか?
歌を歌うとき、音楽を聴かせるときにも、やはり必ず作詞・作曲者の名前をまず告げるのが習慣と なっています。当園では、毎年歌い継いでいく歌がたくさんあって、歌詞を子どもたちが手書きで 書きつづって一冊の歌集にするんです。100 ページを超えるものですが、それには作詞・作曲者 名を書くようにしています。 年誌といって、年度の最後につくる記念誌に載せる歌の歌詞については、JASRAC に申請をして います。また、ほしい楽譜があるときには、作者に連絡をとって取り寄せる場合もありますよ。
初代の園長先生が音楽のオーソリティだったそうですね。
写真
そのこともあって、実は音 楽についてのちょっとした こだわりもあるんです。朝 の登園時に流す、みんな快 い気持ちで朝を迎えよう、 というBGM が伝統になって います。音楽を聴く、聴い て比べる、といった習慣も 身に付いているのは、この 朝の音楽があるからなんです。これも作者をちゃんと伝えていこうと思っています。そうすると、 単にBGM として聞き流すのではなく、「誰の曲?」という意識が芽生えていくのではないかと思うん です。卒園生が来て、ヴァイオリン演奏を聴かせてくれることがあります。みんな朝のBGM で聴い たことがあるんですね。そこで「ヴィヴァルディという人の曲だよ」という話をすれば、その名前で つながりや、広がりが生まれるのではないかと。 PTA コーラスの活動でも、著作権を尊重しています。先生と子どもたちがやっているんだから自 分たちも、と自然に理解されています。
5.親も学ぶプログラム
石橋先生は、大学では工学部で学び、商社勤めなどを経て現職に。大学での経験を 生かし、「自動車づくり」をテーマにした教育を幼稚園に導入されているそうですね。
石橋先生:
写真
自動車づくりというのは、動力をタイヤにどう伝達するか、というところがカギです。そこのところを 子どもたちは試行錯誤します。答えは最初からは教えません。答えありきでモノづくりをするんで はなくて、自分で考えるんです。みんな必死で考えます。そういうプロセスを、保護者の皆さんにも 知っていただき、楽しんでいただきたい。この取り組みは、「保護者を教育するプログラム」でもある んです。
何げないアイデアのなかに、最先端の発想も隠れていたりし ます。大人がそれを見いだせる度量があるか。そこまでいか なくても、少なくとも独創性は褒めてやってほしいと思います ね。たとえうまくいかなかったとしても、価値はそこにあると思 うんですよ。
フィンランドの幼稚園と交流を続けているそうですね。フィンランドへも行かれたとか。
石橋先生:
フィンランドの教育というのは、とても 特色のあるものなんです。一人一人、学びたいことを学ぶ、 ということがまず保証されている。子ども7人に対して先生が 1人。つまずいたところを、できるまでフォローする余裕が あるんですね。授けるのでなく、「自発」を促すんです。また、 現場の教師の裁量権が強いのも特徴です。同じ「自動車づくり」を、フィンランドの幼稚園でもやった んですが、面白い違いが出ました。フィンランドではとにかくオリジナリティを発揮する。動力の仕組 みだけではなく、色、形もそうです。やはり「デザインの国」だけあるなと思います。日本の場合とか く「他人との横並び」ができればそれで安心してしまう。答えありき、見本を見たがる、そういう日本人 との違いがはっきり出て興味深かったです。 横並びで、「他人に迷惑をかけないこと」を美徳とする日本の「空気を読む」という精神も大切ですが、 グローバル社会のなかでは、別の面の力も必要になってくるのではないでしょうか。
写真
6.「個」を尊重しあうことから、コミュニケーションのスキルをみがく
高橋園長先生:
お互いに「読み込み合う」というコミュニケーションの能力は、生後3ヵ月にしてすでに備わるそうな んですよ。
泣く、というのがまず赤ちゃんにとっての自己表現ですよね。
赤ちゃんがぐずる、というのは何か不快なことがあるからで、それを母親があやすというのは、「不 快」を「快」にしてあげる行為です。日本では、そうやって赤ちゃんが「快」に変わって泣き止んだとこ ろで、お母さんも安心して赤ちゃんのもとを離れます。ところが、アメリカでは、「快」となった、その 時にこそたくさん話しかけて、褒めるんです。4歳までに教えるべきことというのは、アメリカでは 「言語を駆使して、イニシアチブをとれること」とされています。一方、日本では一般的には「人前で 恥ずかしくない行儀を躾ける」ということをまず気にかける。つまり、non-verbal (非原語)の世界な んですね。

いま、神奈川県の教育モデル推進事業の一環として、コミュニケーション・スキルのステップアップ を図る授業に取り組んでいます。コミュニケーションというものを、日常生活における「他者とのかか わり合い」のなかから学ぶ。コミュニケーションは「信頼」のなかから生まれるんです。子どもを含め、 私たちの口から出る「言葉」は、私たちの豊かな生活という氷山の一角なんです。それは、子どもた ちと生活を共にすることによって共有が可能です。作者を知らせる、そこから交流が生まれる、とい うことも、その一部だと思っています。
写真を撮っていい?って声をかけるのも同じですが、著作権の尊重というのは、つま りは「一声かける」っていうエチケットなんだと思うんですよ。そこから人とのつながり が生まれる。
写真
お互いを尊重する、っていう生活習慣ですね。 「個」を尊重する、ということです。「ひとりひとり違っていてい い」「それぞれ自己有能感をもつ」ということが、私たちの教育 理念なんですが、その「一声かける(イコール「他者を尊重す る」)」っていうコミュニケーションは、そこにもつながることだと 思っています。
< 前のページへ | トップへ | 次のページへ >
spacer_gif