spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
spacer_gif
spacer_gif
高橋 惠美
<プロフィール>
高橋 徹
大阪音楽大学准教授/指揮者
1958年京都生まれ。1982年大阪音楽大学大学院修士課程作曲専攻修了。現在、大阪音楽大学准教授。作曲を近藤 圭氏に、管弦楽法を大栗 裕氏に、指揮を小泉ひろし、辻井清幸の両氏に師事。

指揮者としては吹奏楽以外にもオペラ、オーケストラ、弦楽合奏、マンドリンオーケストラ、合唱、邦楽の合奏など幅広く活動をしており、特に新作初演を多く手がけています。育てたバンドは数知れず。無名のバンド、下手なバンド、貧乏なバンドを好んで振る妙な習性(?)があり、現在はひとつのバンドに籍を置くことなくあちこちのバンドの客演指揮や指導をしています。指揮法や編曲などのクリニシャンとしても全国各地に赴いて活動しています。
作曲の方はもう10年以上前に絶筆したままですが、吹奏楽用の編曲は今もたくさん書いており、オランダのデ・ハスケ社などから出版されています。
 
「男の世界」だった吹奏楽 作・編曲家としての自分をみてほしい
現場でおぼえた編曲の仕事 出版社や販売店のリスクはわかる
若い作曲家がどんどん育っている 本物の楽譜に触れる機会を
「うしろめたさ」をもつのはいいこと 作り手と利用者の間で
   
4.「うしろめたさ」をもつのはいいこと
小森:
ところで、吹奏楽のみなさんは、楽譜の調達をどのようにされているんでしょう。コピー譜が蔓延しているという話をよく聞くのですが。
高橋:
いまだに楽譜がコピーされてしまっているのは、悲しいけれど現実ですね。私もいろいろな吹奏楽団に客演指揮をしますが、事前にスコアが送られてくるわけです。まずそれは100%コピーですね。元の楽譜をちゃんとその楽団が買って、それをコピーするのもいけなかったですか?
小森:
「私的複製」の範疇を越えていますね。やはりそれは違法となってしまいます。
対談写真01
高橋:
それでもその団体が買ったのであればまだ罪は浅いかもしれませんが、なかにはその団体と違う団体の所蔵印を押した楽譜のコピーが送られてきたりする(笑)。「原譜」っていうハンコが、二重、三重にコピーされていて(笑)。要は孫コピーとか曾孫コピーですね。コピーしたものを借りて来てコピーして、それに「原譜」とハンコを押している(笑)。習慣になってしまっているんですね。学校のバンドでも同じ状況なんです。まあ、そういうのが減ってきているな、とは確かに思いますが。
小森:
要はモラルですよね。
高橋:
たとえばある中学校の先生がこんなことをおっしゃっていたんです。その先生は、楽譜はちゃんと買うべきだと言っている、意識の高い人です。当然そのために吹奏楽部の予算を確保しなければならないというわけで予算申請を校長先生に持って行ったら、よそから借りてコピーしなさい、と言われたんだそうです。楽譜はちゃんと買わないと、と言ったら校長が、何言ってるんだ、著作権法第35条に教育目的ならコピーはいいと書いてあるじゃないかと。いくら顧問の先生がちゃんと意識を持っていてもそうなってしまう。これはもう、モラルというか意識ですよね。そこから変わっていかないとコピーは永遠に減らないでしょうね。でも昔は楽譜をコピーして使うということをいけないとも思わずにやっていたのが、今では「本当はいけないんだけれど...」と、罪の意識、後ろめたさを感じながらやっている、という人が増えてきたように思うんです。結果は変わらないのかもしれないけれど、そこは一つの大きな進歩ではあるとは思うんですね。
小森:
「ホントはいけないんだよね」っていうところは大事なことですね。
高橋:
少しずつではありますが、日本で、知的財産権というものに対しての意識はよくなっていると思います。中国の遊園地でしたか、ディズニーや日本の漫画のキャラクターの偽物が使われている、という報道がありました。それは「いけませんよね」という意識があるからニュースになるわけですよね。あれが中国国内では「それっていけないんですか?」という状態で、それは何十年か前の日本とまったく同じだと思うんです。ちょっと見下したような、「上から目線」の報道ではあると思いますが、ブランド品の模造とかそういったものも含めて、とにかく「いけないんだ」ということが。
小森:
ブランド品を模造したら捕まるけれど...。
高橋:
実際には吹奏楽団が楽譜をコピーするということは、コンビニでチョコレートを集団万引きしているのと同じことなんですね。でも、とりあえず捕まらない。そこで罪の意識を持ちにくいことは確かです。
5.作・編曲家としての自分をみてほしい
小森:
だからこそ先生は、ご自身のホームページでそういう発信をされているんですね。
高橋:
97年にホームページをつくりました。12年目になりますが、最初から「コピーはやめましょう」と書いてきた。私のホームページの大事なコンテンツのひとつなんです。これは余談ですが、私のブログでは、自分のプライバシーを露出しているんです。かなり赤裸々に。これはなぜかと言うと,作・編曲家というのが、ちゃんと普通の人間であって、普通にご飯を食べてお味噌汁をすすっているわけで、楽譜を使って演奏する側の人たちにその実感が抜け落ちていると思うんです。そういった実感をもっていただきたいな、ということなんです。
小森:
まして出版社というものが苦労をして楽譜をつくっている、ということまでは思いが至っていない。
高橋:
ブログで、今僕はこんな編曲をしていて、こんな大変なことがあるんだよ、とか、あるいはもっとプライベートな、どこどこへ行って何がおいしかった、とか。それをさらけ出すことで、そうか作・編曲家もご飯を食べているんだと、当たり前のことを実感してもらいたくて。CARSあるいはJASRACのホームページをけなすわけではないんですが、ある程度公的な団体が出すメッセージっていうのは、誰かがご飯食べて味噌汁すすってるっていう実感を出しにくい。でも個人のサイトならそれができる。そのなかに「コピーはやめましょうよ」と書いたら、それなりに効果があるんじゃないかと。ささやかかもしれませんが。
小森:
読者の反応はどうですか。
高橋:
ホームページを立ち上げたばかりの2,3年の間というのは、反論のメールがけっこうきました。なんでいけないんですか?と。たとえば、お金がない人は音楽をやるな、と言うんですか?と。楽譜を買えない人は音楽をやってはいけないとあなたは言うんですか?という批判をかなり頂戴したんです。あなたは怠け者だという批判もありました。ただ最近5,6年は批判、反論はなくなってきましたね。やはり感覚が変わってきたんだろうな、と思います。
小森:
中田喜直先生が、コピーの楽譜にサインを求められると、「これは偽札!」っておっしゃって突き返していましたね。
高橋:
そりゃ僕にも体験がありますよ。サインしますけれどもね。「うーん、できたら原譜持ってきてね」って笑って。相手は中学生だったりしますからね。
小森:
中田先生は相手が中学生でも「偽札!」って(笑)。
高橋:
僕もそれぐらい矜持を持たないといけないですね。言ったほうがいいですね(笑)。
6.出版社や販売店のリスクはわかる
対談写真
小森:
実は今回、高橋先生に対談をお願いしようと思ったきっかけは、先生のホームページを拝見したからなんですが、そのなかで、「楽譜はコピーするもの?」「楽譜は高いのか?」そういったメッセージがあって、われわれが言ってきたことと重なるのではないかと考えたんです。
高橋:
なぜコピーされるのか?というとき、たしかに経済的な理由もありますが、気軽にそこらで買えるものでないから、ということも大きいですね。総譜にパート譜となると膨大な紙の量です。吹奏楽の楽譜を実際に手にとって読んで吟味できる、などというのはおそらく東京だけじゃないでしょうかね。
小森:
先生がお住まいの関西ではどうなんですか?
高橋:
神戸や心斎橋のヤマハにあることはありますが、以前よりは売場が縮小されていますね。
小森:
ヤマハの「バンド100選」などがあったころは売場も賑やかでしたが。
高橋:
そうでしたね。でも今は売場面積が相当圧縮されています。どの曲をやろうかな?と思ったり、あるいはもうやる曲が決まっていて買いに行っても、在庫がありません、となる。選ぶほどには店頭に並んでいませんね。そうなると、つい、お隣の中学校が持っているなら「それを貸して!」、ということになりがちです。どうしてもそれはありますね。お店にとっても場所をとりますから、大きなリスクになりますよね。本当に紙の塊ですからね。販売店にとっても割の合うことではないことはわかります。
小森:
それを補っているのが通販やダウンロード販売なわけですね。
高橋:
オンデマンドって、それ何ですか?という人もまだ少なくないと思うんです。少なくとも吹奏楽の世界では。確かに新しい生き方ですね。生き残り方というか、ひとつの解決策になりますね。
小森:
ユーザーに、オンデマンドというものを認めてもらえるのなら、かなりの部分問題は解決するんですよね。昔は「絶版」という言葉がありましたが、今は版下をデジタルデータ化しているんですから、絶版というのは理論上あり得なくなっている。ですから、ユーザーが、装幀がそんなに立派じゃなくてもいい、演奏したいからとにかく楽譜があればいい。そのためにはとにかくお金を払うから、少し待つから、供給してくれ、という、当たり前の取引ができれば、問題は少し減るんじゃないかと思うんですね。
< 前のページへ | トップへ | 次のページへ >
spacer_gif