楽譜コピーについて 楽譜コピー問題協議会(CARS)について 概要 沿革と活動記録 活動内容 加盟団体・社一覧 楽譜のコピーに関するQ&A パンフレット・ロゴマークのダウンロード 楽譜のコピーQ&A(PDF) 音楽と楽譜と森のなかまたち(PDF)(工事中) ロゴマーク(ZIP) 楽譜de散歩〜CARSメンバーだより〜 過去のアンケート結果 楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜 サイトマップ お問い合わせ

#1 “思い”が足りない合唱団

  • 作曲家や作詞家が心を込めて創作した音楽。
    その心が正しく演奏されるように、楽譜出版社が制作した楽譜。
    楽譜の無断コピーは、「心の無断コピー」ですよ!

  • 先生、でも、楽譜を買うにはお金がかかります…

  • プロの作曲家・作詞家の創作活動は“仕事”です。
    出版社が楽譜を制作するのも、もちろん仕事。
    対価が得られなければ、著作者の心も、音楽文化も干上がってしまいます。

  • なるほど。
    みんなで音楽文化を支えるために、楽譜の無断コピーを
    やめなければいけませんね。

  • 演奏するみなさんも、音楽を聴衆に伝える“作り手”。
    私たちと一緒になって、より良い音楽を目指しましょう。

無断コピーによって、
作詞者・作曲者・楽譜出版社が受ける損失は・・・

たとえば…

◆ 50名の合唱団で演奏するために、楽譜係の団員が1,000円の楽譜を1部購入

◆ 著作権に関する利用申込みも、楽譜出版社への連絡もしないまま、無断で楽譜をコピーして全員に配布

◆この場合の楽譜出版社の売上を計算すると・・・

◆ 著作権を集中管理している日本音楽著作権協会(JASRAC)の規定で、本来支払われるべき著作物使用料を計算すると…

◆楽譜の無断コピーは、著作者の“心の無断コピー”
◆無断コピーは、音楽文化を干上がらせる。

演奏するみなさんも、音楽を聴衆に伝える“作り手”。

私たちと一緒になって、音楽の心を伝えて下さい。

以下のページもぜひご参照ください。

(#1 終わり)