楽譜コピーについて 楽譜コピー問題協議会(CARS)について 概要 活動内容 加盟団体・社一覧 楽譜のコピーに関するQ&A パンフレット・ロゴマークのダウンロード 楽譜のコピーQ&A(PDF) 音楽と楽譜と森のなかまたち(PDF) ロゴマーク(ZIP) 対談〜楽譜コピーについてこう考える〜 楽譜de散歩〜CARSメンバーだより〜 過去のアンケート結果 楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜 サイトマップ お問い合わせ

楽譜の無断コピー、なぜいけないの?
(楽譜のコピーについて)

楽譜の無断コピー、なぜいけないの?
(楽譜のコピーについて)

楽譜出版のサイクル

安易な無断コピーが広まり、楽譜が購入されなくなると、新たな楽譜の発行が難しくなり、やがて新しい楽譜を入手することができなくなるということになりかねません。

楽譜は、音楽を演奏したり、歌ったりするためになくてはならないものであるだけでなく、音楽を未来に伝えるかけがえのない「バトン」の役割を果たすものです。
楽譜を、音楽の未来を守るために、楽譜をコピーする前に、「そのコピー、大丈夫?」とご自身に問いかけてみてください。
そして、このウェブサイトを通じて、楽譜コピーのルールを知っていただければ幸いです。

楽譜のコピーが必要になったときは…

楽譜をコピーする場合は、作曲者・作詞者など著作権者の許諾が必要です。
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を管理している作品の楽譜をコピーする場合は、JASRACの出版課が許諾手続の窓口になります。

詳細は、JASRACのウェブサイトにある「出版物などの製作」をご覧ください。ご案内ページ「出版物などの製作」

また、JASRACの管理作品かどうかは、同ウェブサイトで公開している作品データベース検索「J-WID」で確認いただけます。作品データベース検索サービス「J-WID」