spacer gic
CARSロゴ
楽譜コピー問題協議会(CARS)
TOP
spacer_gif
楽譜コピーについて
spacer_gif
リーフレット紹介
spacer_gif
Q&A(お問合せ)
spacer_gif
ロゴマークダウンロード
spacer_gif
対談「楽譜のコピーについてこう考える」
spacer_gif
楽譜de散歩〜CARSメンバーだより
spacer_gif
活動履歴
spacer_gif
楽譜をお探しの方へ〜リンク集〜
楽譜コピーについて
 楽譜は音楽を演奏・歌唱するためになくてはならないものです。にもかかわらず、楽譜の発行部数は年々減少しており、原因のひとつに楽譜の無断コピー問題があるといわれています。安易な無断コピーがひろがり店頭などで販売されている楽譜が購入されなくなると、新たな楽譜の発行が難しくなり、ひいては音楽愛好家が楽譜を入手することができなくなるという事態を引き起こしかねません。

 こうした状況を憂慮し、作曲者・作詞者の団体である
日本音楽作家団体協議会・FCA(加盟12団体)、楽譜出版社の団体である日本楽譜出版協会・JAMP(加盟27社)、音楽著作権の管理団体であるJASRACは、2004年9月、楽譜のコピー問題についての積極的な啓発活動を推進するための組織として、「楽譜コピー問題協議会」(CARS)を発足させました。

 わたしたちは、楽譜のコピー問題についてのご理解を深めていただくため、リーフレット
音楽と楽譜と森のなかまたち」、「楽譜のコピーQ&A」やロゴマーク「LOVE THE ORIGINAL」を制作し、教育機関など音楽利用団体および個人の方々へお送りするなどの活動を始めています。

 楽譜をコピーする場合は、作曲者・作詞者など著作権者の許諾が必要です。適正な楽譜の利用を推進していくことが実りゆたかな日本の音楽文化の発展につながるものと信じ、楽譜の無断コピー防止に向けて様々な啓発活動を展開してまいります。
音楽を愛する方々のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
*日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を管理している作品の楽譜をコピーされる場合は、JASRACの出版課が許諾手続の窓口になります。詳細についてはJASRACのホームページにある「楽譜など出版物の製作」コーナーをご覧ください。(JASRACの管理作品かどうかは、JASRACのホームページで公開している作品データベース検索「J-WID」で確認できます。)